仕事中のファッションを考える

制服廃止について

10年強ほど前に改正男女雇用機会均等法が施行されてから、あちこちの企業で女性の仕事着としての制服が廃止されてきているようです。理由は男性はスーツなのに女性は制服というのは差別に当たるとか何とか。正直変な理由だなと思いますが、それも時代の流れなんでしょう。しかしこの「女性の制服を廃止する」という件ですが、存外賛否両論あるようで、しかも否定派というのは女性が多いというのがちょっと意外に感じました。まず肯定派としては費用の削減、男女の平等化、面白い所ですと女性は制服が会社から支給されているのに男性の仕事着であるスーツは自前なのは平等じゃない、などの理由があるようですが、否定派の理由としては仕事で使う私服にお金がかかる、仕事で私服を汚すのが嫌だ、女性の仕事着のガイドラインが決めきれないなどの理由のようです。こんなこと言うと女性に怒られそうですけど否定派の理由がしょうもない気がするんですよね。とは言え気持ちはわからなくもないです。主に金銭面で、ですが。女性にもスーツはありますけど、スーツって存外お金かかりますからね。それとガイドラインが決めきれないというのもわかります。女性の服装というのは男性よりもはるかに多種多様ですから、その中で仕事に適した、となるとどこからどこまでが一般的なのか、という基準を決めるのは本当に難しいと思います。ちなみに私はある程度のルールを決めた上で、着る着ないは該当者に任せたらいいのではないかなと思いますけど、どうでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です